ハイムの1年点検、後日大掛かりな補修が必要となりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ロコです。

昨日はひな祭りでしたね。わが家でもささやかながらひな祭りパーティをしました(*^-^*)

忙しかったので手の込んでないちらし寿司になってしまいましたが、子ども達は喜んでました。
ブロッコリーは家庭菜園で採れたものです♪

さて、1月の長女のインフル疑い、2月の次女のインフルで延期してもらっていた1年点検が、ようやく今日行われました。

基本的に初回点検と同様で、家の隅々まで点検していただきました!
アフターサービスでしっかりフォローしていただけるのは、本当に心強いですね。

補修が必要な箇所

今回も補修箇所がたくさんありました。以下に挙げてみます。

窓やドアの立て付け

トイレのドアやリビングの掃き出し窓、長男部屋の窓の立て付けが悪くなっていたそうで、直していただきました。
それからシャッターや網戸の滑りをよくするため、シリコンスプレーを吹き付けて下さいました。
住んでいても気付かない部分までしっかり見て下さるので安心です。

クロスの浮き・すきま

玄関のクロスの一部が浮いてヨレていました。これも自分たちでは気付かず(苦笑)

近寄ってよく見ないと分からないレベルです。

それから天井と壁の間にスキマが開いてきているところがいくつも(というか、2階は全部屋!)あります。冬の乾燥で起きるそうです。

クロスと天井の間のスキマ

寒い時期にクロスを貼った(そして廻り縁がない)家だと、こういうスキマが生じやすいそうです。
壁紙については後日補修となりました。

スポンサーリンク

 

洗面台の施工ミス

洗面台を掃除するたびに「この透明なテープみたいなものはなんだろう?」と思っていました。でも本体とくっついてるし、はがしてはならないものなのだろうと思ってそっとしていました。
すると最近夫もそれに気づいたらしく、テープをはがそうとしたらパッキンまでごっそりとれるという事件が!

養生テープとパッキン材がくっついている!

どうやら洗面台を設置した時に、養生テープをはがさないままパッキンで埋められていたようです。
施工ミスなので、後日補修していただくことに。

ピアノ室のスイッチプレートが外れやすい

最近なぜがスイッチプレートがポロッととれるようになってしまいました(~_~;)
ここも後日補修です。

キッチンの照明スイッチの並び替え

これは補修ではないのですが、紛らわしい照明スイッチの並びについて相談したところ、後日入れ替えて下さるとのこと。
これでプチストレスが解消されそうですヾ(≧▽≦)ノ

マス近くのコンクリートにクラック

最近気づいたのですが、コンクリートにひびが!

クラックが縦に入っている

マスの近くなどはひびが入りやすいそう。後日補修です。

基礎部分に白華現象

これはアフターサービスの方が指摘して下さいました。基礎に白い粉をふいているようなところがいくつもあります。
しかも細いクラックが入っているところまでありました(゚д゚)!

基礎が白く粉をふいたようになっている。よく見るとヒビも!

ただの汚れかとおもってました(^-^;
今すぐどうこうということはないけれど、長期的に見るとあまりよろしくない状態とのこと。後日クラックを補修し、基礎は全面塗装し直して下さることになりました。
土汚れもひどいのでラッキーです(笑)

スマートハイムナビの設定

先日記事にしていた、HEMSの「その他」が何なのかという問題。
これはまた後日記事にします。

 

こうしてみると補修の箇所が結構ありますね(^^;後日1日がかりで補修していただくことになりそうです。

アフターサービスが受けられる安心感

人の手で作られる部分は、多少不具合が出てきても仕方がないと思っています。完璧な人間なんていないですしね。
でも家を建てた後、そういう不具合をしっかりフォローして下さるので安心です。

ハイムの家は正直高いですが、こういうアフターサービスを含めての金額なのだなぁと実感しています。
何かあればいつでもお問い合わせください、といっていただけるのもありがたい!
あと1年間は無料で補修していただけるので、少し厳しい目で家の中を見ながら(笑)直せる部分は直してもらおうと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村


住まいランキング

関連記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. イシノ より:

    おおっ、チェックしよう。
    まだ家の中がごちゃごちゃしてるので、なかなか気づかないですが。

    冬のクロス・・・ うちは今からクロス貼りますが、
    季節的にはどうなんだろう・・・

    ところで、自分も調べてみたんですが、
    「その他」は第一種換気システムの消費電力でないかと思います。
    「快適エアリー」はコントロールできる部分を指すみたいですね。

    1. ロコ より:

      イシノさん

      建築中に不具合が見つかればその場で直してもらえるので、是非チェックしてみて下さい!

      クロスの浮きやスキマなどは、乾燥などで下地のボードが伸縮するため起こるそうです。
      乾燥している冬の季節はボードが収縮している状態で、そこにクロスをはるため後々こういうスキマができるお宅が多いとおっしゃっていましたよ。
      これから暖かくなってくるので、真冬よりは大丈夫かもしれませんね!

      それから「その他」の件ですが、わざわざ調べて下さったんですね。ありがとうございます!
      実は最初の設定ミスが原因で、快適エアリーを含む別系統の一部の消費電力が計上されていたそうです。
      詳しくはまた記事にしますね!

  2. 四つ葉 より:

    スイッチ問題、解決しそうで良かったです🍀やはり気になるところはガンガン聞いていくのが後々気にならないって事なんですねꉂꉂ(ˊᗜˋ)

    戸は毎日動かす物なのでやはり立て付けは悪くなりますねΣ( ̄ロ ̄lll)我が家でも毎回調整してもらっています☆

    我が家は廻り縁をしているので壁紙の隙間が空くといった現象はありませんでしたが季節によってはそういうこともあるのには驚きました(。◕ˇдˇ​◕。)/

    1. ロコ より:

      四つ葉さん

      スイッチ問題、地味に不便だったので入れ替えて下さることになってよかったです!

      立て付けも、結構細かいところまでチェックして下さるので安心ですね!
      そういえば記事に書き忘れていましたが、お風呂のドアの閉まり具合も調整していただきました。

      壁紙のスキマは私たちもあまり気にしていなかったのですが、結構あったのでビックリでした(^-^;
      新築後2年間くらいはこういう現象が起きやすいけれど、徐々になじんで?なくなっていくようです。
      2段ベッドの上にもそれがあるのですが、補修当日にアフターの方がベッドも移動してくださるそうで安心しました…。

コメントを残す