ハイムとの怒涛の打ち合わせ その②~値引き成功なるか~

土地の話を挟んでしまいましたが、今日はハイムさんとの打ち合わせの続きです。
契約に向けて、営業さんからの熱烈アプローチが続いていたころのお話です。

前回の打ち合わせから2日後、展示場で打ち合わせをしました。
主に金額面の話だったのですが、内容はかなり心揺れ動くものでした。


結論から言うと、私たちが言っていたマイナス500万円に限りなく近い金額で、総額が安くなっていました。

その中で特に大きかったのは、擁壁工事内容の見直しでした。

・今までの計画では、擁壁の一部が高さ2mを超える箇所があったが、敷地の地面の高さ(GL)を数10cm下げることによって擁壁が2m未満にできる⇒費用が安くなり工作物確認申請も必要なくなる。
・見積もりをとったところ、 650万円位に費用が抑えられそう。

とのことで、擁壁工事に関しては、前回からさらに450万円のダウンです。

しかしながら、土地の価格交渉に関しては話が二転三転しているようでした。
500万の値引きはやはり難しそうだが、300万円の値引きはなんとか成立しそうとのこと。
土地に関しては前回の見積もりよりも約100万円プラスとなりました。

これでは、まだ500万円のマイナスには届きません。

そこで諦めなかった営業さんは、上司に掛け合って下さっていました。
なんと、蓄電池とインテリア50万円分のサービスを付けて下さるとのこと。
これには夫婦2人で恐縮!

営業さん「一条さんとの仮契約のことも、上には伝えております。私には、契約解除をお勧めしたという責任がありますし、少しでも金額が現実的になるよう努力させていただきます。」

どうやら、一条さんとのあれこれのおかげで、値引きを頑張っていただけたようでした。
その結果、先日夫が言った「あと500万安く」にあと一歩届かない絶妙な金額が提示されたのです。

営業さん「いかがですか?今後も精一杯頑張らせていただきますので、もし宜しければご決断をお願いできませんでしょうか!」

スポンサーリンク

 

私たちは、正直言ってこの金額が出てくることを想定していませんでした。
ですが、もし万が一それが叶ったら前向きに考えてもいいかな、それが夫婦で一致した意見でした。
かなりの予算オーバーですが、価格以外では100点満点!そう思えるほど私たちの求める条件にぴったりの魅力的な土地でした。

夫「買います。

その日、土地の買い付けをすることになりました。
その際、気になっていた擁壁工事のことについて営業さんに尋ねました。

「擁壁工事を行う時は、お隣の敷地に入らせていただくことになると思うんですが、もしお隣さんが立ち入りを嫌がって許可して下さらなかったらどうなるんですか?」

営業さんは、じゃあそのことも条件として書いておきましょう、といい「隣家の立ち入り許可が得られることを前提に買い付けの申し込みをする」旨を申込書に書いて下さりました。

さらに3日後にはセキスイハイムと契約を交わす約束をしました。

その日、私たちは、営業さんに間取りについてあれこれとお願いをしました。
今作っていただいている間取りも十分素晴らしいものでしたが、この土地で建てることが現実的だと思っていた私たちは、土地が変われば間取りも変わるし…と思い、間取りについての細かい希望を営業さんに伝えていなかったのです。
一番の希望は、道路に面した2階バルコニーの位置を、通りから目立たない場所に移動させることでした。
それから、パントリーやたたき納戸をつけたいという話もしました。

すると、「では、新しい間取りをお作りして、明日の夕方にお届けします!」 と営業さんは約束して下さり、この日の打ち合わせは終了したのでした。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

“ハイムとの怒涛の打ち合わせ その②~値引き成功なるか~” への2件の返信

  1. ハイムさんは結構、融通の聞くところがあるので安心します🍀我が家を建てるときも担当の方には大分無理を言って話を通してくださったこともありました。ハイムさんにはほんと頭が上がりません。足を向けて眠れません~ぐらいの感謝の気持ちで一杯です👍

  2. 四つ葉さま
    そうなんですよね!営業さんにはとても感謝しています。
    金額面だけでなく、こちらの意向をふまえていろんな関係者の方に話を通したり調整したりと、立ち回って下さっています
    ハイムさんでなければ、あの土地に家を建てることは検討すらしなかったんじゃないかなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。