不動産取得税の通知書に焦る

みなさん、楽しいクリスマスをお過ごしでしょうか?

わが家にも無事サンタさんが来てくれて、ご希望のプレゼントをゲットした子供達。
早速遊んでいます♪

さて、つい先日、県税のお知らせというハガキが届きました。

県税?何だろう??と思って開けてみると、不動産取得税の通知書でした。
土地に対する取得税です。

そしてそこには、「○○万円」(6ケタ)の税額が!!


不動産取得税って、かかると聞いていた気はするけど、まさかこんなに高いとは!

わが家の場合、2月に払わないといけないらしい…。

これから引っ越しで何かと物入りなのに、この時期にこの出費はイタいです。
引っ越し費用に家具の新調。
鍋やフライパンなども、IH対応のものに買い替えなきゃだし、こまごましたものでもチリも積もればで結構お金かかるよなぁ~。
長男の中学入学も控えてて、制服とかジャージとかいろいろ買わなきゃだし…。

ひぃ~~、また出費がぁぁ~~( ;∀;)

スポンサーリンク

 

打ちひしがれていたら、「軽減措置」という記述を発見!

わが家の場合、土地=「新築住宅用の敷地」を 取得したのですが、住宅を新築した場合は税金が軽減されるとのこと。

では、一体いくら軽減されるのか?

① 45000円
② (土地1㎡当たりの価格×1/2) × 住宅の床面積の2倍(1戸につき200㎡を限度) × 3%

のうちのいずれか多い額が減額されると、そこには書いてあります。

わが家では②に当てはまりました。

そして、自分でざっと計算してみたところ、軽減額が不動産取得税をほんのちょっとだけ上回っていました!

ということは、

0円!!やったぁーヾ(≧▽≦)ノ

多分。計算が間違っていなければ。

心の底からホッとしましたよー!
ハガキ見たときは、ホント焦りました(;´Д`)

軽減を受けるためには住宅完成後に申告をしなければならないようです。
わが家の場合、1月末の引き渡し後に急いで申告すれば、2月には支払わずに済む感じになるのかな?

土地に対する不動産取得税は、軽減措置の恩恵を受けるとたいていの場合は0円かほんの少しの負担で済むケースが多いようです。
これからお知らせを受け取る方は、私のようにあたふたしなくて大丈夫です~(笑)

あ、でも、建物に対しても別に不動産所得税がかかるんですよね。
完成後、忘れた頃にまたお知らせが郵送されてくるんでしょうかね
長期優良住宅だと1300万円の控除があるようだけど、ざっと調べた感じだとこっちは税金0円になることはなさそう??
心づもりをしておかないと~。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

“不動産取得税の通知書に焦る” への2件の返信

  1. 四つ葉さま
    ハガキを見た瞬間、ホント焦っちゃいました~。皆さん、同じような経験をしてらっしゃるんでしょうかねぇ(笑)
    建物に対する不動産取得税も、ほぼかからないと思っていて大丈夫そうな感じ…、ですよね??
    よほどの豪邸とかでなければ、軽減措置でゼロ~数万円程度で済むみたいですが、税金関係は複雑そうなイメージがあってドキドキしてしまいます(;´Д`A “`

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。