キッチンはラクシーナにしました

間取りがだいたい決まった頃、営業さんから設備やインテリアのカタログをいただきました。
「次の打ち合わせでは、キッチンやお風呂などの話になりますので、目を通しておいて下さい」と。

短い期間で決めなければならないことがたくさんありますが、一番悩んだのはキッチンでした。

悩んだ末にわが家が採用したキッチンは、パナソニックのラクシーナです。

続きを読む

床材と参考にしたインテリア本

内装の中で大きな面積を占める床。
部屋の印象を大きく左右しますし、壁や天井に比べると直接触れることも多いので、どうするか悩みました。

今日は、わが家の床材選びのお話です。

続きを読む

わが家のスペック

そういえば、わが家の基本的な情報についてまだ紹介していませんでした。
こんな感じです。

・パルフェ JX
・延床面積: 36.14坪
・ユニット数: 13U(1階7U、2階6U)
・外壁: レジデンスタイル(ローズベージュ)
・外構・開口色: ステンカラー
・屋根: ステンレス鋼板
・快適エアリー(1階のみ)+エアファクトリー採用
・太陽光発電: 3.32Kw
・蓄電池システムあり
・スマートハイムナビ導入

スポンサーリンク

 

わが家の進捗状況ですが、8月末から旧家解体が始まり、擁壁工事まで無事終わりました。
雨が多かったので工事の遅れを心配していましたが、おかげさまでほぼスケジュール通りに進んでいます。
同じ展示場で建築中の方の中には、据え付けが3回延期になったお宅もあるとか…

来週はいよいよ地鎮祭です!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

わが家の間取り ~1階~

無事に土地の契約も終わり、打ち合わせも大詰めに入っていきます。
決めることがたくさんありましたが、一番苦労したのは間取りだったと思います。

今日はわが家の間取りをご紹介したいと思います。
※最終決定版とはドア・収納の位置が少々違います。

続きを読む

IKEAの高級(?)アイス

最近、新居で使いたい家具を探しに、色々な家具屋さんをたずねています。

この前、IKEAさんに行ってみました。

IKEAさんと言えば、5年ほど前に一度行ったっきりご無沙汰でしたが、50円でアイス(ソフトクリーム)が食べられることは覚えていました。

駐車場へ車を停めた後、なんとなく、「ここってアイスがあるんだよね」と私(夫)が娘(6歳)の前で口を滑らせてしまいました。そこからの出来事が今日のお話しです。

続きを読む

ダイニングチェアのカバーを作ってみた。

ずっと見て見ぬふりをして使ってきた、わが家のダイニングチェア。
少し前から、合皮部分がボロボロとはがれてくるようになりました。

新居が完成したら新しいダイニングセットを購入する予定なので、それまでの辛抱…と、上にクッションを敷いたりして、だましだまし使っています。
ですが、最近目も当てられないほどの惨状に…(;´Д`)
(なんか、子供たちの夏休みの間にひどくなった気が^-^; 剝がれている合皮をべりべりと剝がしているんでしょうか。)

あと半年とはいえ、この状態のまま過ごすのもちょっと…という感じですし、ボロボロ具合にどんどん拍車がかかっていくのは目に見えています。

ニトリとか通販とかにもチェアカバーは売ってあるけど、5脚分で5000円ほどします。
これから大きな買い物をするわが家にとって、あと半年間だけのために5000円かけるのはもったいない。

そうだ、カバー作ってみよう!

そう思い立ち、ダイニングチェアのカバーを作ってみることにしました。

続きを読む

緊張の瞬間!土地の契約

不動産申込書という、いわゆる「買付書」を提出した私たち。

2、3日経つと、私たちの申し込みを先方より受諾頂いたとのお知らせを頂きました。
それを受け、売主さんを担当している不動産屋にて、土地契約の手続きを行うことになったのです。
続きを読む

新ハイム不動産担当さんの神対応

先日は、ベテランの新ハイム不動産担当さんが登場し、安心感と、それと同時に不安にも、包まれながら展示場を後にした私たち。

その2、3日後に、今後は新ハイム不動産担当さんの神対応を受けることになりました。

続きを読む

営業さんの神対応

土地購入申し込みの話の続きです。

土地の契約差し戻しをした後、夫は 次のような主旨のメールをハイムの営業さん宛てに送りました。

・今日、ハイム不動産の方とお会いしたが、擁壁工事に関する説明に納得がいかない。
・そのため、土地購入はいったん見送りたい、申込書の差し戻しを不動産担当さんにお願いした。
・もし可能でしたら、ハイム不動産ではなく、別の不動産屋さんを通じて土地を買いたい。
・仲介手数料が少し高くなったとしても、仕方ないと思っている

更に、

・土地は別の不動産会社を通じて購入したとしても、家はセキスイハイムで建てたい。
・けれど、もしそれをセキスイハイム側がよく思わないなら、契約解除も仕方ない。
・すべていったん白紙に戻すことも考える(クーリングオフ期間中)。

という感じです。
以前の一条工務店さんのことがあり、契約関連にはナーバスになっていた私たち。
今考えれば、少し神経質すぎるかなとも思いますが、当時は必死だったんでしょうね。

ただ、そこからの営業さんの対応が素晴らしかったです。
本当にこの営業さんでよかったなと思いました。つづきをどうぞ。

続きを読む