使いかけのお好み焼き粉で大ピンチ!救急病院にかけ込んだ話①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ロコです。

みなさん、「パンケーキ症候群」ってご存知ですか?
数年前にテレビ番組などで取り上げられて話題になったそうですが、恥ずかしながら、私全く知りませんでした。

パンケーキ症候群というのは、

粉ものにダニが繁殖して、それを口にしてしまうことで引き起こされるアレルギー症状

のこと。

開封済みで常温保存された粉もの、特にお好み焼き粉やホットケーキミックスなどのミックス粉にダニが繁殖しやすく、それを食べてしまったためにアレルギー反応(じんましん、喘息、腹痛など)が出てしまう、というものです。

ズボラ主婦の私、今まで粉もの全部常温保存してました…。
虫が湧くことがあるらしいということは知っていたけど、今まで常温保存で特に問題なかったし。
しかも、まさかその虫がダニだったなんて知らなかった…(涙)

そんなわが家が昨年末、身を持って体験した恐ろしい出来事を紹介したいと思います。

 

お好み焼きを食べて約1時間後、長男に異変が

医療機関も年末年始の長期休みに入った、昨年末の12月29日(日)。

お昼ごはんに、ホットプレートでお好み焼きを作って食べたことが事の発端でした。

昼食の片づけを済ませた後、長男の数学の問題集と長女・次女の文房具を買いに書店に行く予定になっていたのですが、最近健康に気を使っている夫が

「食後の腹ごなしで、書店まで歩きで行っていい?ロコは子ども達を乗せて車で来て」

と言い出しました。

すると次女が

「私も歩く!」

と。

歩きだと30~40分ほどの道のりなので、夫と次女が家を出た30分後に、私と長男、長女が車で出発することにしました。

30分時間ができたので玄関周りや駐車スペースを軽く掃除していると、長女が「手伝う!」と言って外に出てきました。
長男はダイニングで受験勉強。

外周りの掃除が終わって室内に戻ると、長男が突然

「なんかキコウが…」

と言い残し、洗面台の方に向かっていきました。

キコウ?気孔??理科の勉強してたから??

不思議に思っていると、

「息がちょっと吸いにくい」

と長男。

秋に風邪をひいて以来喘息のような症状が出ているので、また喘息っぽい感じになっちゃったかな?
キコウじゃなくて、気道??

なんて思っていました。

何だか少しいつもと違う様子なのが気になりましたが、本屋には行くというので一緒に車で向かうことになりました。

スポンサーリンク

 

次女と夫は腹痛から始まった

本屋の駐車場に到着してほどなくして、歩き組の夫と次女も到着。
でも次女が「なんかちょっとお腹いたい…」とお腹を押さえています。

とりあえず急ぎで用事を済ませて家に帰ろう、と書店の中へ。

店内で参考書や文具を選んでいると、今度は夫が「なんかお腹痛くなってきた。ちょっとトイレに行ってくる」と…。

あれ?食あたり??
お好み焼きが良くなかった?
生焼けだったとか??

急いで会計を済ませ、ヨタヨタとトイレから出てきた夫と子ども達を車に乗せて自宅へ戻りました。

じんましんの症状も!アレルギー?!

自宅に到着し、車を降りて何気なく子ども達の顔を見てみると…

ん??
腫れてる??

長男のまぶたが真っ赤!次女の目の周りも赤い!
そして夫は顔全体が腫れぼったい?!

「そういえば、身体がかゆい」

と言い出す夫。
3人とも身体のあちこちにじんましんが出ています。

やっぱりお好み焼きが原因??小麦アレルギー??

3人の異変は「パンケーキ症候群」の症状に酷似

夫、長男、次女と家族3人の異変にただ事ではないと思い、「お好み焼き アレルギー」などのワードでネットで検索していると、ある情報が目に留まりました。

「パンケーキ症候群」なる情報を見つけました。

・常温保存(開封済み)のお好み焼き粉を一部使った
・長男(鼻炎&喘息もち)と次女(喘息もち)はダニアレルギー
・夫も喘息もち(アレルギー検査は受けたことがない)
・じんましん、呼吸がしずらい、鼻水、腹痛などの症状

すべて当てはまります。
重度の場合、アナフィラキシーショックを起こすこともあるとのこと。

これ、ヤバいやつ!!

夫はみるみる症状が重くなっていき、お腹の激痛を訴えています。
さらには「ヤバい、喘息が出てきた、苦しい」と。若干ヒューヒューいっています。

救急車を呼ぶか迷いましたが、長男と次女を家に置いておくのも危ないし、私と長女もいつ症状が現れるか分からないので全員で救急病院へ向かうことにしました。

長くなったので、次回に続きます。
使いかけのお好み焼き粉で大ピンチ!救急病院にかけ込んだ話②

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

関連記事

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す