ハイムの営業さん、怒る その②

今回は、ハイムの営業さん、怒る その①の続きです。

セキスイハイムでの打ち合わせ中に、候補となっている他のハウスメーカーの話になりました。
ハイム以外にミサワと一条が有力候補であることと、両社とも実邸見学を済ませたことなどを伝えた後のことです。

夫が、一条工務店と仮契約を結んだことを話し始めたのです。


夫「実は先週、ミサワさんのバスツアーの後に一条工務店さんに行って、仮契約したんですよ。その日までにサインしないと値上げになるから、仮契約した方が得だと言われまして。」

営業さん「え?仮契約ですか?」

それまでにこやかだった営業さんの顔つきが、一気にこわばっていくのが分かりました。

営業さん「お土地はまだ決まってないですよね?」

私たち「はい」

営業さん「それって、請負契約って書かれてませんでしたか?」

私たち「どうだったか…、ちょっと覚えてません」

営業さん「契約金は払ったんですか?」

私たち「はい。100万円払いました。」

営業さん「100万円ですか!そのお金は今後どうなるとか説明はありましたか?」

私たち「はい、家を建てる時の建築費用に充てられるそうです。もし仮契約解除することになっても、1円も損することなく返金すると言われたので、それなら払った方が得なのかなと思って、払ってしまいました。」

営業さんは、「お会いするのはまだ3回目で、こんなことを申すのは差し出がましいかもしれませんが」と前置きした上で、こう続けました。

営業さん「それは多分、請負契約だと思います。いくら仮といっても契約は契約です。土地もないのに契約をするなんて、ハイムではありえない話です!」

スポンサーリンク

 

私たちは仮契約に至ったいきさつを詳しく話しました。

すると営業さんは、

土地が決まっていないのに建築請負の契約を交わすことを“空中契約”というんです。10年以上前にはそういうことはどこのメーカーでも割と頻繁に行われていたんですが、現在ハイムでは空中契約は禁じられています。」

冷静な口調でしたが、 ものすごく怒っていたと思います。

悪くは言いたくないけど、そういう契約のやり方はありえない。会社の体質なのか、その営業マンが未熟なのかわからないけれど、家づくりに関して営業マンよりも知識の少ないお客様の弱みにつけこむような契約の方法だ。土地もないのに契約なんて!ハイムでそんなことをやる営業がいたら、即クビだ。

そのような内容のことを、とても強い口調で話していました。

そして営業さんは、こう続けました。

「悪いことはいいません。完全に一条工務店に決めてしまったのでなければ、その契約は早いうちに一旦解除した方がいいです。そうでないと、公平な目で他のメーカーとの比較ができなくなってしまうと思いますよ」

「それに、値上げをちらつかせて、しかもいかにも気軽な感じで契約を結ぶなんて、その一条工務店のやり方はありえないです。簡単に契約解除できて、しかも全額戻ってくるという話も、本当にそうなのか私は怪しいと思います。」

「一条さんは値引きしないとおっしゃっているそうですが、本当に買ってもらいたいという気持ちがあれば、絶対に100万円以上値引きしますよ!ですから、契約解除してその後値上げになったとしても、100万円分は取り戻せるはずです。一条さん、実際値引きしてますから。」

「解除の申し入れは早い方がいいです。営業マンに言っても話を聞き入れてくれないかもしれないですから、本社に内容証明を送った方がいいと思います。やり方とかわからなければ、私でよければ力になります」

「お会いして間もないですが、もし私という人間を少しでも信用していただけるなら、もう一度一条さんとの仮契約について考え直してみてはいかがかと思います」

普段穏やかな営業さんがとても強い口調でお話しされていて、一条さんが空中契約を結ばせたことにとても怒ってらっしゃる様子でしたが、私たちも、土地も決まってないのに簡単にサインしてしまって軽はずみな行動だったとお説教をされているような気持ちでした。

いつでも解除できる、1円も損しない、とはいえ、契約は契約です。
私たちは気軽に考えていたけれど実は大変なことをしてしまったのではないか…という気持ちになっていました。

それと同時に、「でもどっちにしても一条に決めてしまいそうだから、仮契約はそのままにしておいてもいいのかな。100万円の値上げは大きいし…」という気持ちもありました。

仮契約をどうするか、もう一度夫婦でよく話し合い、結果をハイムの営業さんにも報告すると伝え、仮契約についての話は終了しました。

打ち合わせの最後に、営業さんから工場見学会の案内をいただきました。
当時私たちは工場見学にはあまり関心がなく、それよりも実邸を見てみたいという気持ちの方が強かったので、その旨を伝えました。
すると、別の展示場で2週間後にバスツアーの予定があるとのことで、そこに参加させていただけることになり、その日の打ち合わせは終了しました。

(2016年9月27日
ハイムの営業さんは、一条工務店のキャンペーンをおとりにした契約について怒ったわけではありません。
土地がない状態で空中契約を結んだこと、その不誠実さに対して怒りを示していました。
それが分かりやすくなるよう、一部加筆修正しました。)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

“ハイムの営業さん、怒る その②” への9件の返信

  1. う~ん、なかなかの修羅場でしたね(ΦдΦ)でもやはり素人の自分達では分からないことだらけですもんね😵。少しでも良い条件があるとそちらに目が行ってしまうのは仕方ないことだと思いますし当然かなと。我が家では良い土地が見つからない限りは家を建てない&ハウスメーカーも回らないという制限⁉を付けていたのでハウスメーカーとのいざこざ⁉はなかったですね👍

  2. コメント有難うございます^^ 
    家を買ったことがないもので、仮契約の意味合いもよくわからず、あやうく一条さんの営業さんの口車に乗りかけてしまいました。厳しく言って下さったハイムの営業さんのおかげで目が覚めました。本当に感謝しています。

  3. 初めまして。セキスイハイムにおいてグランツーユーを建築したものとして一言。
    反対意見で申し訳ありませんが、ハイムの営業マンの対応こそ不信感満載です。
    同じく一条工務店を検討しました。
    一条とは請負契約は締結状態ですが、現時点では100万円の返金があります。解約する際、営業の粘り煩わしいのみですよ。
    あと、キャンペーン終了のクローズトークはどこのハウスメーカーも常套手段です。ハイムもしかり。クビになる。だったら全員クビですよ。
    ハイムの家は、間取り制限はありますが、非常に快適で素晴らしいです。でも、現時点の営業は嘘ばかりですので、検討する際は違う担当の方がいいですよ。間取り制限があるので、営業との調整が多すぎるので、担当は本当に重要ですよ。

  4. 他のブログを見てもうハイムに決めてたんですね。ハイム営業に失礼発言をしていますので出来れば私のコメントは削除してください。

  5. 私もハイムBJユーザーですが、同じく一条も検討していました。おっしゃるとおり、キャンペーンをちらつかせ仮契約を結ぶように言われましたが、うちも土地がなかったため、土地がみつかったら・・と仮契約は遅らせていました。そのときは契約金は50万だったかと。
    そして、仮契約の日。検討中だったハイムさんからも、特別キャンペーンのお知らせがあり、今月中に同じく50万円支払うと特別値引き&特別キャンペーンでオプションをつけられると(笑)
    一条と一緒じゃーん(笑)
    結局一条さんにはお断りをいれて、ハイムのほうに振り込みましたとさ。
    ハイムは分譲地で土地も決まっていたので。しかも場所も最高でしたので。
    もちろんお約束どおり特別値引き●百万。オプション●十万円。つけていただきましとさ。
    まあ、どこのメーカーさんもやる常套手段ですね。
    でも、私はハイムさんで建てた事後悔はしていないので、(若干床暖房に未練が・・)
    ロコさんも後悔のないように家作りがんばってくださいね~

  6. タカ様
    はじめまして。コメントいただきありがとうございます!
    また、親身なアドバイスをいただき、ありがとうございました。
    私の文章が分かりづらく、申し訳ありません。
    「クビ」というのは、土地も決まっていないのに契約を交わす行為に対しておっしゃった言葉でした。
    土地が未定なのにハウスメーカーと契約を交わすことを「空中契約」というそうで、ハイムではその行為を禁じられているということをおっしゃっていました。
    誤解を招く記事を書いてしまい、申し訳ありません。
    ハイムのお家は非常に快適で素晴らしいとのこと、実際に住んでいらっしゃる方のお声はとても参考になります。
    約半年後にはそのような家に住めるのかと思うと、楽しみでなりません。

  7. みんと様
    はじめまして。コメントありがとうございます!
    同じような経験をなさった方がいらっしゃり、驚いています。
    (でも、うちの場合は土地もないのに一条工務店と仮契約してしまい、浅はかでしたが…)
    キャンペーンはどのハウスメーカーでもあるみたいですね。
    うちも結局ハイムさんとは「○月までの契約、△月までの据付が条件」というキャンペーンで値引きをしていただいた形で契約を結びましたが、一条と決定的に違うのは、その条件を飲むか飲まないか考える猶予があったかどうか、でした。
    一条さんからはその日の夕方に初めて、それが「仮契約」であることやお金が必要なことを知らされ、「今決めないとこのキャンペーンは対象外になります」みたいな感じでしたので…。夫婦でじっくり話し合う時間もとれませんでした。
    一方ハイムさんの方は10日ほど考える時間があったので、夫婦間で納得のいく結論を出すことができたと思っています。
    ハイムさんで建てたことを後悔してらっしゃらないとのこと、とても心強く感じます。
    私たちもきっと後悔はしないと思います^^家づくり、頑張ります!

  8. 空中契契約はクビ。
    納得です。読解力が弱く申し訳ありません。
    半年後素敵な家になるよう頑張ってください。
    まだ図面検討中でしたらのアドバイスですが、外構プラス建物で検討した方がいいですよ。
    お勧めは外部のエクステリア会社です。
    エクステリア会社は図面を細部まで立体化してくれます。図面ではわからないことが、
    立体化することにより、見直しポイントが明確になりますし、イメージと違うことが明確になります。
    リビングから見た庭のイメージも分かります。
    姫路のビーズガーデンを参考にして頂けると分かりやすいと思います。

  9. タカ様
    再度、コメントいただきありがとうございます!
    実は図面は既に決めてしまっておりますがエクステリアはまだ変えられるので、タカ様から頂いたアドバイスを活かして、家の内側から庭がきれいに見えるように工夫してみたいと思います。
    (といっても予算が限られていて、建築時点での庭部分はほとんど土むき出し状態なのですが、今後住んでいく中で、少しずつ良くしていくのが楽しみでもあります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。